当院の紹介

 遠い昔から続く医学-鍼灸-を今の時代に

                     ご挨拶      いちかわ鍼灸院 院長 市川敏男

市川 - コピー

当院は

・鍼を刺して置いておくだけの、流れ作業的な、ほったらかし治療はしません。
昨今の鍼灸治療といえば、体に何本もの鍼を刺され、しばらくそのまま寝かされ、時間が来たら鍼を抜いて終わり…という治療がほとんどです。なかには刺されている間、鍼に電気を流したり、赤外線で温めたりすることもありますが、それも単に鍼が刺さっているだけの状態には変わりありません。
鍼はただの針金です。その鍼が体に千左万態の変化をおこすには、治療者が鍼をしっかりと持ち、体との会話をしながら鍼を生き物のように操作する必要があります。治療者が鍼から手を離す、ましてや治療中に患者から離れるなどもってのほかなのです。
鍼が刺された状態で寝かされている間は、患者には治療時間のように思えても、実は治療者側は手抜きの時間なのです。当院は、心の通った温もりを感じる鍼灸医療を目指し、そのような流れ作業、ほったらかし治療はいたしません。

・痛いところだけを治療することはしません。
そもそも治療とは、単に肉体的異常をいじくりまわして修繕するものではなく、お体、生命まるごとを見つめなければなりません。そして治療により、治療者も患者もともに大切なものに目覚め、自分を変える好時節と認識し、お体をかえていくことが大切です。当院は、そういう考えのもと、単に痛いところだけを治療することはしません。

先人が永い年月をかけて創り上げた鍼灸を通して、少しでも皆様のお役にたてれば、これほど嬉しいものはありません。お体のこと、鍼やお灸に関すること、その他にも何かわからないことがありましたら、お気軽にご相談・ご質問下さい。

治療は予約制です。


DSC0908098 - コピー院長略歴

東京都立 武蔵高校 卒業
立教大学 経済学部経済学科 卒業
東洋鍼灸専門学校 鍼灸あん摩科卒業(平成11年)
はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師国家試験合格 免許取得(平成11年)
東京医療専門学校 教員養成科 卒業(平成13年)
東洋鍼灸専門学校 教員(平成13年度~平成24年度)
日本伝統鍼灸学会 理事(平成16年~平成23年)
中野健康医療専門学校 教員(平成26年度)

現在:東京衛生学園東洋医療総合学科 講師
:中野健康医療専門学校 健康スポーツ鍼灸科 講師

著書:『柳谷素霊に還れ』 医道の日本社
:『基本人体ツボ経絡図』 金園社